高品質・高性能エンジンオイルを、グレード豊富にお求め安い価格で取り揃えています。3,000〜4,000Km走行毎、または6ヶ月毎が交換の目安です。

価格はお近くのサービスステーションで、ご確認してください。

 

Oil Check
オイルチェック&チェンジ
  チェック 1 交換の目安は、 チェック 3 オイルが新しいと
  3000km〜4000km。 環境にもいい。
  一般的にエンジンオイルは、3000km〜4000kmで”粘り”がなくなってきます。せっかくの高性能エンジンもこのオイルの粘りがなくなると、額面通りの性能が発揮できなくなります。 自動車は、CO(一酸化炭素)やNOx(窒素酸化物)などを排出します。エンジンオイルを新しくすると、エンジンの摩擦損失が改善され、これらの排出ガスの抑制にも効果を発揮します。
  チェック 2 オイルが新しいと チェック 4 オイルを換えたら、
  燃費も良くなる。 フラッシングやフィルターも。
  オイルのことは気にされない方は多くても、「燃費」のことは心配ですね。実は新しいオイルはエンジンの磨耗効率を良くし、燃費を向上させる働きがあるのです。 身体を洗ってから洗い立ての下着をつけるように、オイル交換もフラッシングでエンジン内を洗浄して、さらにオイル交換2回に1回のペースでオイルフィルターも交換しておきたいものです。
   
エンジンオイルの点検は、エンジン本体に差し込まれているオイルレベルゲージ用い、オイルの汚れ具合・オイルの量をチェックします。また、触診により粘度を確認します。
オイルの汚れ具合
オイルの量
オイルに透明感がなく、茶褐色や黒く汚れている。または、粘度が極端に硬かったり、逆にサラサラの場合は交換時期です。
オイルゲージのメモリの4分の1以下だと、オイルが少なくなっています。早めに補充するか、汚れていれば交換をします。
良い状態
ゲージの見方
オイルに透明感があり、オイルの量も目盛の4分の3位まである。適度な粘り気がある。
オイルゲージには、目安としての目盛が刻まれています。適切なオイルの量は左図の通りです。オイルを多く入れすぎてもエンジンには良くありません。少なすぎるとエンジンが焼きついてしまう恐れがあります。

下記は昭和シェル系列のお店でお取り扱いをしております。九石系列並びにその他の系列店では同等品をご準備いたしております。

トップに戻る
前に戻る